特別支援・福祉カタログ vol.3
63/564

016知的障害肢体不自由病弱及び身体虚弱聴覚障害自閉症・情緒障害視覚障害言語障害LD・ADHDソーシャルスキルトレーニング(SST)適切な声を出すことば・物を覚える集団で楽しむ・ルールを覚える感情を表現するコミュニケーション補助器具流れ・状況の理解コミュニケーション力を身につける表情シリーズに表記されている表情の中から選んでもらいます。今の気持ちを選んだ後に「どうしてこの気持ちになったの?」と問いかけることで、子ども自身が今の気持ちを自分で確認し、自分の気持ちについて考える機会を作ることができます。付属の水性ペンで表情を描いて、たくさんの表情がつくれます。表情学習ボード日常生活に身近にいる、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、友達の表情を描いてみよう。水性ペンで何回でも描き直せます!作った顔の表情を見ながら、人の表情と気持ちの理解力を深めることができます。いろんな顔のボード教材整備指針機能別分類知的障害情緒障害自閉症不注意A4判のシートタイプ個別にも小グループにも4600-959¥ 4,200 +税● 表情シート10枚、説明書(使用例付)●A4判のシートに表情が20種類。 19×19cmのマグネットタイプ 4600-958 ¥ 11,500 +税● 大きさ/マグネット:(W)19×(D)19cm、外箱:(W)20×(D)20.5×(T)2.6cm ●質量/合計1.5kg ●表情マグネット20枚、説明書(使用例付) 教材整備指針機能別分類知的障害情緒障害自閉症コミュニケーション補助器具使用人数 集団対人関係●一人ひとりに配布して(10枚入) ・様々な活動後の振り返りに ・ 好きな表情を選んで、その表情を別の紙に書いてその場面にあった絵を描こう●グループに配布して ・ ひとつの表情を選んで、その気持ちになるときのエピソードを話しあおう ・その時に、どうして欲しいか考えてみよう● 表面の凹凸加工を利用して、指でなぞって触感を楽しんだり、上から紙を敷いてエンピツで表情を浮かび上がらせれます活用方法→指導者用●道徳や総合学習での感情教育、友達作りの時間における集団学習の際の指導者用として→発表用●サイズが大きいので、表情カードの大きいバージョンとして●集団学習や個別学習における子どもの発表用として活用方法教材整備指針機能別分類知的障害情緒障害自閉症コミュニケーション補助器具使用人数 集団対人関係●顔のパーツは伸縮可能な生地を使用しておりますので、ボード上でさまざまな表情が作れます。●各パーツの中にマグネットが入っていますので、スチール製のボードに簡単につきます。(共通仕様)4600-951男の子¥23,000+税4600-952女の子¥23,000+税●大きさ/(D)43×(W)60cm ●質量/約2kg ●材質/ボード:スチール製、パーツ:生地ウーウエイ・マグネット ●入数/スチールボード1枚、顔パーツ(眉毛1個・目4個・口1個)●自分の今の気持ちを表現したり、描かれた表情を見て、どんな気持ちか考えてみましょう。●対人コミュニケーション学習教材教材整備指針機能別分類知的障害情緒障害自閉症不注意記入例「表情シート」と「表情マグネット」は完全対応していますので、指導者はマグネットを、受け手はシートを見ながら、トレーニングすることもできます。表情は共通福笑いで表情を作り替えて自分や他人の感情を表現しよう33286-945おばあちゃん33286-943お母さん33286-944おじいちゃん33286-942お父さん 33286-940 男の子 ¥ 14,000 +税 33286-941 女の子 ¥ 14,000 +税 33286-942 お父さん ¥ 14,000 +税 33286-943 お母さん ¥ 14,000 +税 33286-944 おじいちゃん ¥ 14,000 +税 33286-945 おばあちゃん ¥ 14,000 +税●大きさ/(W)30×(D)45cm ●質量/約1kg ●材質/木、スチール ●セット内容/ボード×1、水性ペン×1、イレーサー×1表情シート表情マグネット表情数 20種表情数 20種

元のページ 

page 63

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です