特別支援・福祉カタログ vol.3
458/564

411絵本パズル書籍書籍紙芝居DVD知的障害肢体不自由病弱及び身体虚弱聴覚障害自閉症・情緒障害視覚障害言語障害LD・ADHDモチモチの木(紙芝居)手ぶくろを買いに(紙芝居)ごんぎつね(紙芝居)泣いた赤おに(紙芝居)はしの上のおおかみ(紙芝居)走れメロス(紙芝居)NEWNEWNEWNEWNEWNEW33285-220¥3,800+税33285-226¥2,800+税33285-204¥9,800+税33285-221¥3,800+税33285-225¥2,800+税33285-227¥2,100+税33285-224¥3,500+税●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/24場面●対象年齢/幼児~小学校中学年 ●原作/斎藤隆介 ●脚本・画/諸橋精光●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/16場面●原作/新美南吉●脚本/西本鶏介●画/狩野富貴子●大きさ/(W)50×(D)8×(H)39cm●質量/760g●材質/木製(桐)●付属品/幕紙3枚(波・銀杏・桜)、紙ケース●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/24場面●原作/新美南吉●脚本・画/諸橋精光●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/16場面●原作/浜田広介●脚本/西本鶏介●絵/石倉欣二●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/12場面●原作/奈街三郎●脚色/長野ヒデ子●絵/ミノオカリョウスケ●大きさ/(W)38.2×(D)26.5cm●場面数/20場面 ●原作/太宰治●脚本/西本鶏介●画/宮本忠夫臆病な豆太は、山の中で爺さまとふたり暮らし。でも、大好きな爺さまが倒れて、豆太は暗い夜道をひとり、医者を呼びに走ります。きつねの親子のすむ森に、寒い冬がやってきました。母ぎつねは、ぬれてぼたん色になった子ぎつねの手を見て、あたたかい毛糸の手ぶくろを買ってやろうと思います……。● 軽量化をはかるとともに、実演しやすく、 安定感に配慮した紙芝居舞台。●上品で重厚感のある仕上がりです。いたずらぎつねのごんと、ごんのいたずらに悩まされていた百姓兵十との、あまりに悲しい行き違い…。寂しくて悲しみにくれる赤おにのところに、友だちの青おにがやってきて、「こうすりゃかんたんさ」と、ある提案をもちかけました。さて……。一本橋ではち合わせたうさぎを追い払ったことから、意地悪が面白くなったおおかみは、毎日のように橋の上で動物たちを待ち受けては、追い返します。ところがある日、自分よりも強くて大きいくまが渡ってきて――。覚悟を決め、王との約束を果たすためひた走るメロス。不安と後悔の中でメロスは立ち止まりそうになるのですが…。紙芝居舞台 NEW携帯に便利な紙芝居舞台※写真中の紙芝居は商品には含まれておりません。

元のページ 

page 458

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です