日陶科学 保健カタログ2018
60/660

よく噛むことの大切さを、日本全国に、一人でも多くの人に伝えたい!「かみかみセンサー」の発案者である安富先生は、「噛むことの大切さ」を全国に広める活動に力を注いでいます。具体的には、保育園や小学校・中学校などで行っている講演をはじめ、イメージキャラクターや歌・ダンスの考案などさまざま。今回のカミン通信では、先生が取り組んでいる活動の一部についてご紹介します。 安富先生は、小中学校の養護教諭をしていた経験から子どもたちの咀嚼力が低下していることに懸念を抱き、「噛むことの大切さ」を訴える活動をはじめました。平成16年には「日本かみかみクラブ」を設立し、よく噛む習慣をつけるレシピの提供、咀嚼回数を計測できる「かみかみセンサー」の開発、保育園・小学校・中学校における講演、イメージキャラクター「カミン」の考案など、さまざまな啓発活動を行っています。 「咀嚼には、健康づくりに役立つ多くの役割があるんですよ。例えば、よく噛むと脳の血流が良くなり、記憶力を向上させ、認知症のリスクを下げます。また、唾液の量が増え、虫歯や歯やすとみかずこ安富 和子 先生松本歯科大学大学院 口腔疾患制御再健学専攻博士(歯学)課程修了。長野県内の小・中学校で養護教諭として勤務し、現在は飯田女子短期大学教授。日本咀嚼学会理事。「かみかみセンサー」発案者。学校法人 高松学園 飯田女子短期大学家政学科 家政専攻教授Vol.1カミン通信カミン通信Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1Vol.1カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信カミン通信Vol.1カミン通信「よ   く噛むこと」は、カラダに良いことがいっぱい。周病の予防になるなど、よく噛むことは健康にいいことがたくさんあるんです」と語る安富先生。食育の現場では、このような咀嚼の効果について、「ひみこ(卑弥呼)のは(歯)がいーぜ」(出典:学校食事研究会)という標語を使ってわかりやすく説明しています。<咀嚼の効果を文字で表現>「ひ」……肥満予防「み」……味覚の発達「こ」……言葉の発音はっきり「の」……脳の発達「は」……歯の病気予防「が」……ガン予防「いー」…胃腸快調「ぜ」……全力投球かみかみ大使カミンな咀嚼の効果について、な咀嚼の効果について、な咀嚼の効果について「ひみこ(卑弥呼)のは(歯)がいーぜ」ぜ」ぜ(出典:学校食事研究会)という標語を使ってわかりやすく説明しています。<咀嚼の効果を文字で表現>「ひ」……肥満予防「み」……味覚の発達「こ」……言葉の発音はっきり「の」……脳の発達「は」……歯の病気予防「が」……ガン予防「いー」…胃腸快調「ぜ」……全力投球かみかみ大使カミン新製品・推奨品www.nittokagaku.com/HPからでもデジタルカタログをご覧いただけますN16

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る