日陶科学 保健カタログ2018
451/660

●大きさ/(W)14×(D)3.2×(H)9cm ●質量/約270g ●センサー/埃センサー ●埃粒子検出サイズ/約0.5μm ●測定範囲/PM2.5質量濃度:約0~105μg/m³、9個のLEDにより約12μg/m³の区分での表示 ※花粉は検出しません。 ●分解能/約12μg/m³(LED1個分) ●測定精度/±12μg/m³(LED1個分) ●使用温湿度/0℃~+40℃、80%RH以下(ただし、結露のないこと) ●電源/DC5V(市販のACアダプタなどでのマイクロUSBからの給電)、内蔵充電池:リチウムイオン電池(充電時間約5時間、連続使用時間約7時間) ●付属品、USBケーブル、ポール取付けアダプタ(面ファスナー)、取扱説明書●大きさ/(W)19.6×(D)9×(H)16cm ●質量/約1.8kg ●測定原理/光散乱方式 ●電源/乾電池単3形×8本または専用ACアダプタ ●測定範囲/0.001~10.000mg/m³●測定モード/タイマー測定(設定時間6秒、1分、3分、5分、10分・手動)、ロギング測定 ●付属品/PM2.5サイクロン式分粒装置、標準採気口、ACアダプタ、乾電池単3形(お試し用)、専用通信ソフト、USBケーブル1.5m、肩掛けベルト4401-212PM-2.5C¥19,800+税4401-271LD-5 ¥350,000+税●9段階のLEDと2通りのブザーでPM2.5濃度を2秒間隔でお知らせします。●充電式バッテリーが内蔵されているので、電源を気にせず外出時も使用できます。●スタンド、壁掛け、ポール取付(アダプタ付属)対応の多彩な設置スタイルだから、 置き場所選びもすぐ決まります。●日本製センサー内蔵見えないPM2.5が、光と音のレベルでわかる!PM2.5(微小粒子状物質)簡易・可搬型測定器PM2.5チェッカーPM2.5デジタル粉じん計●大きさ/(W)18.5×(D)6.9×(H)10.5cm ●質量/約1.2kg(乾電池を除く) ●測定原理/光散乱方式 ●測定範囲/0.001~10.00mg/m³ ●測定感度/1CPM=0.001mg/m³ ●測定モード/ダウンタイマー、マニュアル、スパンチェック、バックグラウンド ●表示器/グラフィック液晶ディスプレイ ●出力/無電圧パルス出力、電圧出力、USB/RS-232C出力(専用ソフト通信ケーブルによる) ●電源/乾電池単3形×8本 ●付属品/ソフトケース、肩掛けベルト、ACアダプタ、三脚用アダプタ、乾電池単3形 8本、取扱説明書●大きさ/(W)3.3×(L)25.8×(H)5.5cm ●重量/850g●電源/乾電池単3形×6本 ●光源/LED電球(3.5V 0.35A) ●平均寿命/LED電球:20,000時間(電池:1日数回の使用で約10か月) ●レンズ/接眼部4枚組、集光部1枚●材質/特殊ABS樹脂 ●付属品/硬質ケース付4401-270LD-3B ¥270,000+税4401-211CCW-101L¥29,000+税● ロギング測定の記録周期が1秒~99分59秒まで設定できるようになりました。● 質量濃度変換係数(K値)をあらかじめ入力することにより、測定値(CPM)を簡単に質量濃度(mg/m³)に換算して表示できます。●肉眼で見えない浮遊粉塵(0.3μm以上)をその場で簡単に拡大観察。● 長寿命のLEDライト。●小型・軽量かつ取り扱いが簡単。● 独特な光学設計でくっきりと浮遊粉塵を確認できる。● メンテナンス不要。バックライト付の液晶表示になり、見やすくなりました。空気中や水中に浮遊するダストが肉眼で確認できる。教室の空気環境チェックに最適!粉じん計粉塵観察器 クリーンチェッカー● 機動性を重視した簡易測定器で、空気中に浮遊するPM2.5粒子濃度を短時間で簡易的に測定できます。● PM2.5用分粒装置を付属の標準採気口に交換することで、学校環境衛生、建築物衛生、 作業環境などの浮遊粉じん測定に使用することも可能です。● 付属の通信ソフトでPCによるリアルタイムモニタリングやロギング測定による測定値のデータ取込が可能です。※環境省の「環境大気常時監視マニュアル第6版」など公定法準拠の方式とは異なります。資 料PM2.5とは大気中に浮遊している粒子状物質で、粒径が2.5μm以下の微小粒子のことを概ね指します(正確な定義は少し複雑です)。PM2.5の微小粒子は肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎など呼吸疾患や循環器系へ影響を与えると考えられています。環境省注意喚起のための暫定的指針 日平均70μg/㎥ 1時間値として85μg/㎥・・・・・・ 1年平均値≦15μg/㎥ 1日平均値≦35μg/㎥………※環境省 環境基準値(1)浮遊粉じんの検査方法●相対沈降径10ミクロン以下の浮遊粉じんをろ紙に捕集し、その重量による方法(Low-Volume Air Sampler法)によって行うか、又はデジタル粉じん計を用いて測定する。(2)判定基準●0.10mg/m3以下であること。〈参考〉 旧環境衛生基準…検査事項「じんあい」 →吸光度は0.1以下 新環境衛生基準…検査事項「浮遊粉じん」 →0.10mg/m3以下www.nittokagaku.com/環境衛生健康診断一般備品救急処置感染予防環境衛生保健指導防犯・防災特別支援347ダニ対策騒音計照度計粉じん計気体測定温度湿度熱中症指数水質検査清掃用品トイレ用品汚物缶ゴミ箱白衣シューズマット

元のページ  ../index.html#451

このブックを見る